開業であり、決して安価とは言えないカウンセリングには、ふらっと立ち寄るようなクライエントさんはあまりいません。

良くも悪くも流されるように人生を生きてきて、ある程度「自分はこんな感じ」とわかっている方が、今までこんな感じでなんとかやってきたのに、どうも最近うまくいかなくなってきた…、ずっと危ういながらもやってきた感じがあるけれど、このままこの危うさや不安を持って、人生を折り返すのは嫌だ…。


こんな不安定なまま、人生を折り返したくない!という思い…これを感じた時に、カウンセリングを考えてみる方が多いようです。


会社で人間関係に悩んだり、どうしても1つの職場に長く勤められなかったり、

家族を持ち子育てに追われ、自分のキャリアが見えなくなる不安、

ご家族との関係で人生のあと半分を一緒にすごすことに不安を覚えたり…。

パートナーへの思いの変化や態度の変化、こじれてしまった関係性や、

子どもとの関係など、

ひとりで考えても苦しかったり、堂々巡りばかりで答えが出せなかったり…。


そして、成人して自分で働いて自立できるようになって以降の、

親との関係に改めて悩まれる方も少なくありません。

親が元気で強気な時は、大人になった子どもも強気で言い返したり、

理詰め論争ができたり、心理的にも物理的にも距離を取って別々で生活することが可能ですが、自分も親もそれなりに年を取ってくると、状況が変わってきます。

子どもができれば、おじいちゃんおばあちゃんとして関係性が再接近しますし、

親自身の心身に問題が生じると、「子どもでありながら、自分が面倒をみる」立場になって、関係性がまた近づきます。


こうした関係性の変化と、自分が持ち続けている親子関係へのこだわりや思いなどが、拮抗してしまうことがあります。

自分の家族と原家族、両方のバランスを保つことを要求されるようになる時は、人生の折り返し地点であったり、自分の心身の健康にも不安が出てきたり、ひとりではとても抱えきれない荷物が積みあがってしまってしまう時期にもなります。

このタイミングは、一概に年齢層だけ分けられません。

きっとそれまでにも何度も高い壁を感じていることはあるでしょうが、

そのつど支えられている人とのつながりで乗り越えているのです。


本当にしんどいな…、ひとりでは何ともならないな…というタイミングの時には、

ここに「孤独」が上乗せされている場合が多いのです。


人とのつながりがないわけではありません。それなりに友達も同僚も家族もつながっているし、話せる相手がいないわけでもない。

でも、それぞれの関係性から、本当にしんどいこと、悩んでいることは、そうした身近な人には相談できない状態なのです。


なんの関係性もなく、しがらみもなく、知り合いとのつながりもコネもない、それでいて、話した内容を誰彼かまわず話してしまう心配がない。

自分の話をバカにしたり、笑い飛ばしたり、憐れんだり、

それより自分の方がどんなに大変か病気自慢や不幸自慢を聞かされることもない。

親身に聞いていたはずだから、信用していたのに、いつの間にか周りがみんな知っていた…なんて、心配もない。


今ある周りの関係性を壊さずに相談できる、

それが「カウンセラー」という存在になります。


クライエントさんは、「誰かに話を聞いてもらわなきゃと思って来ました」とお話をされますが、この「誰か」は「専門家」を意味しています。

「誰か」が「誰でもいい」のであれば、この方はSNSに投稿するでしょう。

「誰か」にどのくらいの専門性と倫理を求めるのかによって、選ぶカウンセラーが変わってくるのだろうと思います。


「自分」という「オリジナルのひとりの人」としてしっかり見てもらいたい人は、

経験値の高いカウンセラーを、

自分を「何らかの分類」をして、仲間がいる、こうした悩みは自分だけじゃない、確立された解決策を求める方は、「〇〇カウンセラー」というようなより専門性の高いカウンセラーを選ぶのでしょう。


どんなカウンセラーを選ぶかによっても、クライエントさんの「カラー」が出ます。

何よりも守秘と専門性を重んじる人は資格保持者との対面カウンセリング

話しやすさ、受け入れられやすさ、即時的な安心感を求める人は、お手軽な金額でできるオンラインや電話・SNSカウンセリング

自分で考えることよりも、「こうすれば大丈夫」というような強力なアドバイスが欲しい人は、カリスマ性の強いカウンセリングやセミナー


どれも一長一短があり、どれを選択しても間違ってはいない、それぞれのニーズに合わせたカウンセリングの在り方だと思います。


検索画面で「カウンセリング」と入力した時点で、「カウンセリング」という言葉を思わずクリックした時点で、「カウンセリングに行くタイミング」なのです。

近しい人に、「こんなカウンセリングがあるよ」「こういう話を聞いてくれるところがあるよ」と勧められた時も、タイミングです。


みんな、そんなタイミングで訪れていますよ。

まずは扉をたたいてみましょう。











18回の閲覧0件のコメント

カウンセリングオフィスつむぎでは、ロールシャッハ研究会やSVなどに大学院生料金・臨床心理士1年目料金を設けています。


お問合せを頂くことが多いので、こちらで現時点での料金をお知らせしておきます。



<定例研究会>

社会人  3000円 

大学院生 1500円

臨床心理士1年目 1500円



<ロ・テスト/ SV 個別 or グループ指導> 1.5h~

社会人 5000円/1h

大学院生     2000円/1h

臨床心理士1年目 2000円/1h



<心理テスト・FB>

*自分で録音・逐語起こしをして頂きます。

ロールシャッハ・テスト実施  7500円

フィードバック面接 50分    5000円

フィードバック面接 80分    7500円

75回の閲覧0件のコメント

オフィスを開業して1年が経ちました。

カウンセリングにもいろんな形での利用があるのを実感しています。


私は精神分析的な心理療法での指導を受けてきました。

若い頃は、なかなか継続的にクライエントさんが来てくれないという悩みから、

心理療法は「続けてなんぼ」みたいな意識がありました。

確かに指導を受けるには、続いているケースを見せないといけないですし、

回を重ね、その流れを見ていくことで、クライエントさんへの理解は深まります。

でも、それは「精神分析的心理療法」を実施した場合に必要なことなんですね。


オフィスにいらっしゃるクライエントさんには、様々な「段階」の方がいらっしゃいます。

精神科クリニックや病院にいた時よりも、御相談にいらっしゃる方々の層は幅広いものだと感じています。

必ずしもすべてのクライエントさんに心理療法が適応されるわけではありません。

頭ではわかっていたことですが、バライエティ豊かなクライエントさんにこの1年間、お会いすることで、この振り分けが初回カウンセリングの価値を決める、大事なものになることを実感しています。

最初のお話をうかがって、どんなカウンセリングを御提案できるかがとても大事になるということです。

クライエントさんが、最初の重い扉を開けて、せっかくいらして下さったのです。

次の扉の御提案を確実にしてあげることが心理士としての務めかなと思います。

次の扉も重いものになるかも知れません。

ある程度の覚悟もいるかも知れません。

でも、この時点でひとりで扉を開ける必要がないことを分かって頂くこと、それが初回カウンセリングの意義になるのではないかと感じています。


1回のカウンセリングで満足される方もいます。

継続カウンセリングの必要性をお話しても、経済的な理由や御家族の賛同を得られなかったり、踏み込む覚悟や精神力が足りなかったり、様々な理由から継続されない方もいます。

それでも、いらっしゃった方々に「いつかまた相談に…。」と思ってもらえるよう、未来につなげられるように心がけています。

次の扉がどこにあるか、どんなものなのかがわかると、未来の「当て」になりますよね。

今実施できなくても、そこに向かって歩こうと思えるのならば、意味があります。


カウンセラーにとっては、自分の持てる技を総動員して取り組む「初回カウンセリング」ですが、クライエントさんには、ぜひその技術に身を委ねる気持ちで、お気軽にいらして頂きたいと思います。

カウンセリングに興味を持った時点で、どんな方も初回カウンセリングを受けるタイミングです。

その後の継続が必要かどうかは、カウンセラーがきちんと判断してお話をしてくれますので、ご安心下さい。判断には数回お会いする必要もあるかも知れません。でも、その数回の体験は、御自身が今後をどうするかを判断するのに必要な時間でもあるのです。

ぜひ、「一緒に考える」ことを体験して頂いて欲しいと思います。

大事な初回のカウンセリング、きちんと判断ができるカウンセラーを、資格や経験、クライエント様の「カン」で判断して下さい。

44回の閲覧0件のコメント

東京カウンセリングオフィスつむぎ(中央区日本橋)

東京カウンセリングオフィスつむぎのカウンセリングは、以下からお気軽に御予約下さい。

  • Facebook
  • Twitter