カウンセリングが本格的に始まるには、実は数回かかります。初回で現況をうかがい、その後、心理テストや診断面接や…まあ、いろいろ事情をうかがって、こんな感じでこんなペースでカウンセリングしていくことが必要ですよね、やっていきましょうか、ってなるのですが、その時点でのクライエントさんの持つ「治る」イメージと、実際にカウンセリングを卒業する時の「治る」イメージとは、だいぶ違うものになっているものです。


「治る」ということ、カウンセリングにいらっしゃる前には、どんなことをイメージされてるでしょうか?今、クライエントさんを悩ませている症状や気分の落ち込み、焦りやイライラ、全部なくなってすっきりして、やる気に満ちてやりたいことも次々に思い浮かんで、仕事をしてもストレスに感じない、何よりもすっかり違う自分になって、意気揚々と卒業できる…そんなイメージを持っていらっしゃるかもしれません。


カウンセリングを進めると、どうにも新しい自分を手に入れられるわけではないことに気づかされます。古い自分を殺して新しい自分を手に入れる、一見、魔術的で素敵なアイデアですが、セラピストは「え!古い自分、捨てられたら、寂しくて怒るでしょう?」って聞いちゃうのです。クライエントさんは、びっくりしたり、ばつが悪そうな顔をしたり、泣き出したり・・・。一番されたら嫌だったはずの「捨てる」っていう作業を自分がやろうとしていたことに驚かされるのです。どんなに隠したい嫌な自分でも、そんな自分にならなきゃいけなかった訳を、自分だけが知っている。そして、そんな自分をよく頑張ったね、よしよしって受け止めてあげられるのは、自分だけだってことに気づいていく…これが「治る」過程につながっていくと思うのです。


「治る」という言葉には、元の状態に戻るという意味があります。元の状態に戻って自分の力でやり直していける人と、元の状態では何度進んでも、同じつまづきをしてしまう人がいます。セラピストは、クライエントの「元の状態」が自力でやっていける状態なのかを心理テストや診断面接を利用して、判断したりします。そして、カウンセリングの終わりをこの「元の状態に戻る」=「治る」に設定するのか、「元の状態」からさらに成長が必要であれば、もう少し先に設定をすることもあるのです。カウンセリング当初は、「元の状態」だった目標が、セラピストと一緒に「成長」をしていきたい、もう少し先に目標設定を置く場合もよくあります。そうした柔軟な考え方が自分でできるようになれば、もうほぼ自分でやっていけるようになっているでしょう。


「治る」って何でしょうね。。



39回の閲覧0件のコメント

ひとりよがりになりやすい心理テストの解釈。心理士同士で忌憚なくケース検討をして、日々の臨床に生かしませんか?

ロールシャッハの解釈編、スコアリング編の研究会を立ち上げようと思います。

少人数での開催になりますので、ぜひ意欲的な方を募集します。

どんな会になるのか、私も楽しみです。ご興味のある方は、お問合せ下さい。

私を含めて3人以上から開催致します。


詳細はこちら



32回の閲覧0件のコメント

カウンセリングオフィスつむぎでのカウンセリングは、基本的に50分1セッションとして実施しています。なぜ50分なのか…、最初は50分カウンセリング、10分で記録を書いて次のセッションができるように、50分という時間が設定されたのでしょうが、50分という時間はなんとも絶妙な時間だなと感じています。


話すことがたくさんあって、うわーってお話をされるようなクライエントさんでも、40分くらいで、一旦小休止となります。すぐ次のお話に移る場合もありますが、時間がなさそうな時には、次のお話は次回に…とご案内することができます。


クライエントさんが1つの話題をとりとめもなく話し始めて、つながらなかったり、わからなかったりする部分をセラピストから質問して、話が深まったり、さらに混沌としたり…。でも10分あると、この10分をうまく使うと、たいていの方は現実に戻るように”浮上”することができます^^


カウンセリングも始めはこの50分がうまく使えなかったりします。セラピストは50分の中に収めるようにしますが、部屋の外に出てもすぐに現実に戻れなくて、洗面所でひと泣きするとか、家に帰ってから気持ちが引き戻されてしまって落ち込んでしまうとか…。

カウンセリングも回を重ねると、クライエントさん自身も気持ちの立て直しがうまくなっていくようです。これを「いろいろ話してすっきりしました」と表現することもありますが、いろいろ考えて悩んで心の深いところを訪れても、だんだん帰り道を覚えて、周りをみなくても戻ってこれるようになっているような、そんな感じで50分後には現実に帰れるようになるのです。この立て直しがうまくなることも、1つの治療効果だと感じています。


初回のカウンセリングは、それまでの経緯をお話されることから、80分や90分を設定する場合もありますが、つむぎでは50分をお勧めしています。50分で足りない場合は、80分や90分でも足りないものです。それよりもこの絶妙な50分タイムでどこまでお話が聞けるか、これも大事なクライエントさんを理解するための情報になるのです。


つむぎでは、80分セッションも設定しています。これは主にお話される方がお2人以上とか、心理テストのフィードバックだけをご希望される場合にお勧めしています。人が3人以上集まった場合、まだ言いたいことも言えてないのに、話の合間のタイミングをはかっていたら、あっという間に50分は過ぎてしまいます。おそらくお2人以上で50分セッションを実施すると、お2人とも話そうと思っていたことが話せなかったと欲求不満状態になるのではないか、もしくは結局、どちらか一方だけが話し、もう一人はそれを聞いてる状態になりやすいものです。80分あれば、一旦話を収めて、もう一方にお話を振ったりと調整するチャンスがあります。 


それでも、おひとりに50分ずつかけて、お話をうかがいたいなというのが、セラピストの本音ではあります。


この50分の絶妙タイム、ぜひ体験して頂ければと思います♪


38回の閲覧0件のコメント

東京都千代田区丸の内「カウンセリングオフィスつむぎ」

東京都にある「カウンセリングオフィスつむぎ」

東京都千代田区丸の内「カウンセリングオフィスつむぎ」

東京都にあるカウンセリングオフィスつむぎのカウンセリングは、以下からお気軽に御予約下さい。

  • Facebook
  • Twitter
カウンセリングルーム

東京都千代田区丸の内3-4-2

新日石ビル5F (株)ウェルソック内

080-7049-4202

カウンセリング予約メールアドレス

© 2020 東京都千代田区カウンセリングオフィスつむぎ