ジュニパー工場

Home Counseler System

日々の心のメンテナンスに

”かかりつけカウンセラー”を見つけませんか?。

年会費制定期カウンセリング

 Home Couseler System

ホームカウンセラー

システムとは

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. It’s easy.

 困ったことが起こったり、もう限界だと感じた時、いざカウンセリングにかかりたいと思っても、そんなしんどい状態の時にカウンセリング情報を調べたり、数あるカウンセリング情報の中からどこを選んでいいかわからなかったり、相性の悪いカウンセラーにあたってしまったらどうしようと不安になったり、いろんな「ためらい」があって、実際にカウンセリングに踏み出すまでには、意外と時間がかかってしまいます。

 

 やっとの思いでカウンセリングに行っても、これまでの経緯を話したり、自分のバックグラウンドについて逐一話したり…と、今すぐ何とかしてもらいたい「悩み」に対して、すぐに治療が始まらないもどかしさを感じることがあります。しかしカウンセリングをする際に、付け焼き刃ではないきちんとした治療をしようと思うと、この「最初」に聞くべき情報はとても大事なものになります。カウンセラーとしても、すぐに現状について話し合いたい気持ちと、バックグラウンド情報をきちんと理解した上で現状を把握したい気持ちと、ジレンマを感じつつカウンセリングを始めていくことになります。カウンセラーは現状の緊急性を吟味しながら、必要な情報を聞き出していくことになります。

 

 もし、事前にこうした情報が分かっていれば、現在困っている状態にすぐに対応していくことができます。また、カウンセリングをしたいと門戸を叩くときは、たいていの方がすでに限界を超えているか、いっぱいいっぱいで自分では対処できない「お手上げ状態」の時が多いものです。カウンセラーからすると、もう少し早めに来て頂ければ…と思うことも少なくありません。それでも、カウンセリングは決して安くない金額ですし、「カウンセリングを受ける」ということ自体、まだ周囲におおっぴらに言えるほど普及しているものではありません。

 欧米では、心理に関する専門家が多く、カウンセリングに通うことには一定の認知度があります。幼少期から、何かあればカウンセリングを受けていらっしゃいと指導を受けたり、カウンセリングを受けることを条件に何かを許されたり、再出発のチャンスを与えられたりします。大人になっても、定期的にカウンセリングを受けることは休暇をとるくらいの感覚で許容されています。夫婦でトラブルになりそうな時は、夫婦カウンセリングやカップルカウンセリングに2人で通うという話もよく聞きます。これには、ファミリードクターの制度の普及が影響していると思われます。日本では、内科・皮膚科・眼科…など、トラブルにあった診療科に受診するのが一般的ですが、素人には何科を受診していいか区別がつかないこともありますよね。欧米の医療では、何でもとりあえずは「ファミリードクター」にまずかかります。ファミリードクターは医療全般について精通していますが、専門的な治療が必要かどうかまでを判断するのが仕事です。特別な検査や治療が必要な場合は、専門医に紹介してもらうのです。このファミリードクターにかかる習慣は、日本の「かかりつけ医」と呼ばれるもの以上の存在なのです。そのため、体に問題があればファミリードクターに相談、心に問題があればカウンセラーに相談と当たり前のように利用できる下地があるようです

まだまだカウンセラーシステムの整っていない日本です

あなたのホームカウンセラーを作りませんか?

「カウンセリングオフィスつむぎ」では、すでにあなたについての基本的な情報を知っていて、困ったらすぐに相談できるホームカウンセラーを作る 「ホームカウンセラーシステム」を用意しました

 

  心や時間に余裕がある時、就学や就職、結婚、妊娠、退職などの人生の節目の時に、ぜひ御入会をお考え下さい。自分について振り返り、心理テストから自分の生き方のパターンを知ることは、その後の生活に役立てることができます。そして、年に3回、カウンセラーと話をすることで、定期的に心の整理をすることができます。自分では大丈夫だと思っていても、カウンセラーに心のサインだと指摘されることで、継続カウンセリングをすることになることもあります。心の病気も「早期発見・早期治療」が良いのは当然です。症状や状態が重く深刻になることを避けることができるのです。

「ホームカウンセラーシステム」は、会費制の定期カウンセリングシステムで心のメンテナンスをしていくシステムです。次のような方の利用が可能です。

*初めてカウンセリングをしてみようと思った方。

*カウンセリングに興味があるものの、週に1回通うほどの必要性も経済的余裕もないと思われる方。

*「自分」について、客観的に見つめてみたい方。

*気になるトラウマや生い立ちの問題があるものの、何とか生活できていて、至急の必要性を感じない方。

 何かあった時に、すぐに相談できる場所を確保しておきたい方。

*パートナーと自分について、客観的に捉えたい方。

*子供と向き合っていくにあたって、自分を振り返り、付き合い方を考えたい方。

*これから大きな環境の変化を迎えるにあたって、自分について整理したい方。

*普段、親しい人と会話する機会が少なく、自分の気持ちを吐き出す機会が持てない方。

*継続カウンセリングを終結するものの、定期的なカウンセリングで心のメンテナンスをしていきたい方。

​*海外赴任や帯同など、日本語で相談できる環境を整えておきたい方。

また、料金のお支払いは御本人でなくても構いませんので、次のような場合にもご利用が可能です。

*ご結婚や独り暮らしの御祝いに 

(親元を離れての生活に不安を感じる場合)

*出産の御祝いに

近くに相談できる方がいないと想定できる場合、子育てに不安を過度に抱いている場合、配偶者が離れて

 暮らし、相談者が近くにいない場合)

​*海外に社員を異動させ、本人や帯同家族へのサポート

東京都にあるカウンセリングオフィスつむぎのカウンセリングは、以下からお気軽に御予約下さい。

  • Facebook
  • Twitter