公認心理師

以前、臨床心理士のお話をしたので、今回は公認心理師について。

長年にわたる心理学諸先生方の努力の結果、

ようやく日本初の心理士の国家資格である「公認心理師」が誕生しました。

”国家資格”と標榜されるだけに、その名称からして、紆余曲折があり、

資格の内容、資格受験の資格、管理する省庁etc. 本当に各分野課題が多く、

心理士と精神科医の確執であるとか、様々な要因が入り乱れておりました。

臨床心理士としてすでに活動を始めている心理士にとっては、そのあまりにも課題山積の国家資格化の動きを見て、もうこのままなくてもいいんじゃないか…そんな気もしていました。私が生きているうちには、誕生しないと本気で思ったものです。

正直、国家資格化することで、医療分野で保険点数がとれるようになるとか、お給料が1.5倍になるとか、そんな具体的なメリットがなければ、臨床心理士で十分だったからです。

国家資格化の話が出始めた時には、民間最大規模である臨床心理士の資格が、特別講習を受けることでそのまま国家資格にスライドするんじゃないか、そんな噂もあったくらいです。

結局は、いろんな諸事情から、民間資格はそのまま、新しい国家資格が誕生することになりました。


国家資格を持ったところで、何かメリットがあるかというと、まだよくわかりません。

多くの心理家は、「よくわからないけど、将来的にもってないことでデメリットにならないように取っておこう。」くらいのモチベーションかと思います。

そのわりにかかる費用も勉強の労力も半端なく、仕事をこなしながらの受検は本当に大変です。


公認心理師の最大のメリットは、その知名度です。

やはりニュースにもなりましたし、何かしらの相談をするために専門家を調べようと思うと、必ず出てくる名称になるでしょう。

公認心理師の中身については、今後の公認心理師たちの活躍に依るところが大きいと思われます。ただの名称や1つの資格として利用するのか、きちんとその専門性を高めていくのかが、その価値を決めていくのかなと考えています。


2つの資格の専門性の違いは、試験を受けた人にしか分からないかと思います。

大雑把に言ってしまえば、公認心理師はその性質上、「心理学」に関わるあらゆる分野をまんべんなくそれなりの深さでの知識を求められます。心理学部でさらっと学んだ心理学の歴史や発達心理学、脳科学、実験心理学、医学もろもろの最近の研究まで広くカバーすることが求められます。臨床の問いについても、あらゆる現場(医療、学校、公的機関、企業などなど)が設定されています。すでに特