top of page

カウンセリングや心理療法を受けてみようかと思い、いろいろ調べると、よく治療者自身がうつ病から抜け出しましたとか、ひきこもりでしたとか、自分も発達障害を持っていますとか、アダルトチルドレンですとか、今なら流行りの自分もHSPです…というように治療者自身の体験を”売り”にしていることがよくあります。確かに同じ悩みを持っていた人がその悩みを克服し、日常の生活を送っている、さらには人を助ける側にいるとなれば、その話を聞いてみたくなるし、同じ方法で克服できるかも知れないという希望も持てます。ただ、治療者として、それを前面にアピールすることは、とても危険なことだと思うのです。


カウンセラーやセラピストが何らかのトラウマ体験や病気の体験、障害の体験があること自体が問題なのではありません。確かにそうした体験をしている治療者の方が、当事者の気持ちをよく理解できるかも知れません。ただの体験者としての相談者になるのか、そうした体験によって治療者としての奥行きを深めた心理士になるのかは、この体験の扱いにかかっているとも言えるのです。


カウンセラーも人間ですので、様々な感情体験をしてきています。特にこういう仕事を選ぶということは、自分の抱える問題や悩みについても人一倍を興味を持ってきた人に違いありません。心理士になるきっかけは同じ悩みを持つ人を助けたいと思うところからだったかも知れません。だとしても、どんな人の相談も受けようという心理士ならば、自分はこんな体験をしてきた、こんなことを克服してきたから!と大きな声で言うことはありません。


心理士になる過程で、個人分析を受けたり、スーパーバイズを受けたりしながら、心理士は自分の痛みに直接触れる経験をします。その痛みをまず「知る」ことで、自分の「弱さ」や「強さ」「鈍さ」などを自覚するのです。それを必ずしも治す必要があるわけではないのですが、その「存在」を目をそらさずに把握すること、それが心理士になるためには求められるのです。なぜなら心理士は、自分の「こころ」や「感情」がどうクライエントに対して反応するかを体験し、この体験からクライエント理解をするように訓練を受けるからです。ですから、クライエントと同じ体験をしたことのある心理士ならば、確かに共感はしやすいかも知れませんが、自分の感情にも引きずられやすい危険性も併せ持っているのです。そうした目に見えない戦いを心理士は自分の中で見つめ、純粋にクライエント理解につなげていかなければなりません。この戦いの意味を理解している心理士ならば、自分の経験を公言できないし、する必要性を感じないわけです。


あまりに自己開示をしている心理士には御注意下さいね。

でも、悪い人ではありませんよ。

そんな事情を御理解頂いた上で会ってみて頂きたいと思います。


閲覧数:65回0件のコメント

お薬を飲みたくないから、カウンセリングにきました・・・というクライエントさんが少なからずいらっしゃいます。

そうですね、お薬を飲み始めると、ずっと飲まなければいけないのかとか、どんどん量が増えてしまうのではないかとか、いろいろ心配になりますよね。

実際に、あまり患者さんの希望もきかず、どんどんお薬を増やしていくドクターもいます。

お薬そのものが危険なわけではなくて、ちゃんと相談ができてコントロールを手助けしてくれるドクターとのお付き合いがあれば、お薬は味方にすることもできます。


お薬はその効能はそれぞれありますが、精神科のお薬は基本的には対処療法になります。

眠れないのを何とかしたければ、睡眠薬。イライラしたりソワソワしたり、不安で不安でしょうがなかったりすれば、抗不安剤。うつ症状には抗うつ剤、というように症状から病気を予測して服薬をしてみるという感じです。心の病は、血液検査やエコーでは発見できないので、予測して服薬して効果があれば、予測の病名が正しかった、効果が感じられなければ、違う病気かも知れないと考えていくのが一般的です。考え方はドクターによっても違うので、ドクターによく説明をしてもらえるようお願いすると良いでしょう。小さい疑問にも面倒がらずに説明してくれるドクターなら、一緒に治療を進めていけるはずです。


カウンセリングは、お薬を飲みながらでも、お薬なしでも、治療そのものにはどちらでも構いません。ただ、症状がひどい時はお薬の力を借りて、カウンセリングができるくらいまで「考えたり」「話したり」ができる状態になるのを待つこともあります。風邪をひいて熱が高い状態で、自分について考えたり語ったりするのは辛いですし、極端な思考に陥りやすくなりますよね。まずは熱を下げて、栄養をとって、それから…の方が、遠回りのようで近道になります。お薬は対処療法ですから、同じ症状を繰り返さないためにもカウンセリング本番になるのです。


初回の面接でお話をうかがって、まずは一度、受診されてみたらどうでしょう…とお勧めすることがあります。これは、上記のような「熱のある状態」だと考えたり、お薬に頼ることがクライエントさんの構えを緩やかにすることに役立つと考えるからです。もちろん、お薬は嫌です!っていう方に無理に受診を勧めたりはしません。

自分の困っている状態、苦しい状態が、病院に行くべきなのか、クリニックに行くべきなのか、カウンセリングに行くべきなのか、悩まれているようなら、一度ご相談にいらして下さい。病院やクリニックでの勤務経験もありますから、今すぐ受診が必要なのか、様子を見ていいのか、まずはお話をすることが良いのかについて、ご相談にのることができます。


閲覧数:60回0件のコメント

カウンセリングが本格的に始まるには、実は数回かかります。初回で現況をうかがい、その後、心理テストや診断面接や…まあ、いろいろ事情をうかがって、こんな感じでこんなペースでカウンセリングしていくことが必要ですよね、やっていきましょうか、ってなるのですが、その時点でのクライエントさんの持つ「治る」イメージと、実際にカウンセリングを卒業する時の「治る」イメージとは、だいぶ違うものになっているものです。


「治る」ということ、カウンセリングにいらっしゃる前には、どんなことをイメージされてるでしょうか?今、クライエントさんを悩ませている症状や気分の落ち込み、焦りやイライラ、全部なくなってすっきりして、やる気に満ちてやりたいことも次々に思い浮かんで、仕事をしてもストレスに感じない、何よりもすっかり違う自分になって、意気揚々と卒業できる…そんなイメージを持っていらっしゃるかもしれません。


カウンセリングを進めると、どうにも新しい自分を手に入れられるわけではないことに気づかされます。古い自分を殺して新しい自分を手に入れる、一見、魔術的で素敵なアイデアですが、セラピストは「え!古い自分、捨てられたら、寂しくて怒るでしょう?」って聞いちゃうのです。クライエントさんは、びっくりしたり、ばつが悪そうな顔をしたり、泣き出したり・・・。一番されたら嫌だったはずの「捨てる」っていう作業を自分がやろうとしていたことに驚かされるのです。どんなに隠したい嫌な自分でも、そんな自分にならなきゃいけなかった訳を、自分だけが知っている。そして、そんな自分をよく頑張ったね、よしよしって受け止めてあげられるのは、自分だけだってことに気づいていく…これが「治る」過程につながっていくと思うのです。


「治る」という言葉には、元の状態に戻るという意味があります。元の状態に戻って自分の力でやり直していける人と、元の状態では何度進んでも、同じつまづきをしてしまう人がいます。セラピストは、クライエントの「元の状態」が自力でやっていける状態なのかを心理テストや診断面接を利用して、判断したりします。そして、カウンセリングの終わりをこの「元の状態に戻る」=「治る」に設定するのか、「元の状態」からさらに成長が必要であれば、もう少し先に設定をすることもあるのです。カウンセリング当初は、「元の状態」だった目標が、セラピストと一緒に「成長」をしていきたい、もう少し先に目標設定を置く場合もよくあります。そうした柔軟な考え方が自分でできるようになれば、もうほぼ自分でやっていけるようになっているでしょう。


「治る」って何でしょうね。。



閲覧数:73回0件のコメント

東京カウンセリングオフィスつむぎ(中央区日本橋)

bottom of page